空に届くビルたち

空に届くビルたち

馬鹿と煙は高いところが好きと言いますが、そもそも馬鹿に限らず人は高いところが好きなんじゃないでしょうか。でなけりゃ高さを競うように世界中の各地で高層建築が建設されるでしょうか。いや、されませんよ。えぇ、されませんとも。

私はあまり高いところが好きではなくて、それは高所恐怖症だからではなくてただ単純に感動がないんです。しかし大概の人は素晴らしい景色を好みます。スカイツリーの近くの駅なんて大混雑ですからね。私も興味ない興味ないと言いながら、もう少し人出が落ち着いたら出かけてみようかなんて相談しています。

ニューヨークへの旅行でエンパイア・ステート・ビルディングにのぼったことがあります。旅程の関係で上がれたのが夜だったのですが、さすがに夜景は素晴らしい物でした。夜の底に光がいくつも沈んでいてなんだか目に痛いくらいでしたが、あまり長く外にはいられませんでした。冬と春の間くらいの時期に行ったのですが、とにかく風が強くて風が強くて、耳が千切れて飛んでいくんじゃないかというくらいの寒さでした。他の観光客たちも同様の心持だったらしく、屋内のお土産売り場は人でごった返していて、みんな下に降りる決心はつかないものの、あの寒さの中に再び出て行く元気もない、みたいな感じでマグネットやTシャツやキーホルダーをなんとなく手にとっては棚に戻すを繰り返していました。

エンパイア・ステート・ビルディングはワールド・トレード・センターができるまで42年間もっとも高いビルとして君臨し、それからワールド・トレード・センターに第一位を奪われ、例のテロ事件でまた一位になった、そういう歴史のあるビルです。電波塔の役割も、ワールド・トレード・センターから受け継ぎました。ニューヨーク一の高さを誇るビルとしての二つの関係はなんだか興味深く物悲しいですね。2013年には再びワールド・トレード・センターがニューヨークの一位に戻るとのことです。でもきっと今度はエンパイア・ステート・ビルも悔しくないんじゃないでしょうか。って、ちょっとビルを擬人化しすぎですけどね。ビルは何も思わないでしょうけれど。

高層建築っておもしろいですね。ビル同士の関係とか。スカイツリーと東京タワーにもちょっといい話みたいなのあるかもしれませんね。

お見合いパーティーは名古屋エリア

友人と呉服屋さんへ

先日、友人の浴衣の反物えらびに付き合ってきました!街の呉服屋さんです。

友人は浴衣を買うのはこれで2度目。一度目は去年。デパートでの購入。既に仕立上げられていた吊るしの浴衣でしたが、とっても似合っていて素敵でした。それですっかり浴衣の魅力にはまってしまった友人。今年はもう少し本格的に、反物から選んで自分サイズの浴衣をオーダーしようということになったのでした。

ふたりで出かけた呉服屋さんとは知り合いなので、私は何度もおじゃましているのですが、友人は呉服屋さん自体が生まれて初めて。そうですよねえ。今どき、一年に何枚もお仕立するマダムぐらいでなければ、見ず知らずの呉服屋さんの戸をたたくなんて難しいですもんね。

生まれて初めての呉服屋さんにちょっと緊張していた友人ですが、目の前にたくさんの色鮮やかな反物を並べられ、テンションは一気に急上昇!「身体にあてて、顔うつりとか見て下さいね」と言われ、「いいんですか!」ととっかえひっかえ……(笑)。友人と呉服屋のだんなさんと私とで、最終3つにしぼりました。

3つにしぼったのはいいものの、さて、ココからが難しい!だってどれも素敵なんですもの!お金さえ有れば、「どれもすてきね、これ全部いただくわ……」なーんてニッコリ微笑みたいのですが、なかなかそういうわけにもいきません(笑)。

こういうところへ行くならこの柄がいい。こんな雰囲気にしたいならこの反物がいい。この帯をあわせたいならこの反物が……。そんな風にあーでもないこーでもないと考えた結果、やっと最終1つにしぼることができたのは1時間30分後でした!(敢えて黙っていたのですが、私が密かに「これが一番似合うな」と思っていたのを、彼女も気に入って選びました。)

お仕立には1ヶ月ぐらいかかるそうで、この「はやくできないかなあ」と待っている時間が辛いようで、でもお仕立してもらう醍醐味ですよね!その間に、新しい帯と、新しい下駄もそろえようとしている友人です。手仕事で、自分サイズに仕立てられた浴衣は、着やすいですし、思い入れもたーっぷり。Aちゃんならきっと素敵に着こなすとおもいます。今年の夏も浴衣を着てかき氷を食べに行こうねなんて話しながら、呉服屋さんを後にしました。一生懸命一緒に選んでくれた呉服屋さんに感謝です♪